宮城の墓石は亀屋石材|墓石の新規工事から墓石移転、墓石耐震、墓石クリーニング、リフォーム等、宮城の墓石はお任せください

宮城の墓石 亀屋石材
墓石・墓地・記念碑・石の事

墓石Before After

~南三陸町歌津のお客様より依頼~

工事前


1.墓地内に雑草が生えて大変である。
2.古い石碑が長年の水垢等で汚れている。
3.墓地内の灯篭が劣化していて危ない。
4.お墓を支えている台石にヒビが入っている。
5.納骨堂内の湿気がひどい。

工事後


1.墓地内の床を石貼りにしました。
2.研磨剤等を用いて洗浄しました。
3.白御影角置き灯篭を耐震ボルトを装着して施工しました。
4.5.古い台石は処分してカロート台座(納骨堂と一体の台座)を使用。
安定をはかり、且つ納骨堂を地上にあげることで湿気を防ぎ、真後ろには通気口も設けてあります。


~女川町のお客様より依頼~

工事前


1.東日本大震災により墓石の竿石が倒壊してしまった。
2.以来、納骨堂には隙間ができ水が入り込んでしまう。
3.お墓を囲っている外柵石も下に落ちていたり,ズレてしまった。
4.古い法名碑の台座がヒビ割れてしまった。

工事後


1.先祖の作られた墓石を再使用したいという要望に応え、使用できるものは研磨し直して再施工しました。
2.カロート台座(納骨堂と一体の台座)を用いて、骨堂内の湿気を防ぎました。
3.少しだけ「ズレた」石も一度はずして、寸法を図り直して再施工しました。
4.後年ヒビ割れ等無いように硬質な黒御影台座を使用し、且つ古い石碑と色を合わせるために「艶消し」の加工を施して使用しました。

~塩釜市のお客様より依頼~

工事前


1.外柵石を新しくする際に劣化した土間コンクリートを新しくしたい。
2.狭い通路で歩きにくい。

工事後


1.水勾配が無かった為コンクリートの劣化も早かったのでしょう。
外柵工事の際に水勾配をしっかりとって仕上げました。
2.隣接している墓所との高さを合わせて岩材の階段を設けました。
※墓地への通路、墓地前の土間は隣接する方々との共用部にあたりますので工事を希望する際には住職や管理者の承諾が必要です。


~多賀城市のお客樣より依頼~

工事前



1.東日本大震災により倒壊した墓石を新しくしたい。

工事後



1.田畑の中にある共同墓地区だったので地盤が緩かったと思われます。
※二件分の基礎工事を繋げることにより強度のある基礎を作ります。
※施主さまの希望に応え、ご先祖の作られた墓石を祀るスペースを設けました。
※以前は階段式の外柵でしたが後年の登り降りに配慮してフロア式の外柵で提供させていただきました。



アクセス